アウトプット重視の勉強法【遅延評価勉強法のススメ】

遅延評価勉強法ってなに?

こんにちは、いけあつです。

少し前になりますが、こんなツイートをしました。

#プログラミング学習 もデザインの勉強も共通して効率的なのは #遅延評価勉強法 だと感じた。基本書をスキャンするように読み込んで知識を積み上げていくよりも、なにか作りながら必要なものをその都度調べて考えて吸収していく方が断然速い。#Progate は1周でOK。って1ヶ月前の自分に伝えてあげたい。

ここで出てきたキーワード「遅延評価勉強法」について深掘りしたいと思います。

  • 勉強って何したらいいかわからない、、、
  • 勉強の効率を上げたい!
  • 毎日コツコツ勉強しているのに成長できていない気がする、、、

このような悩みを抱えている方の一助となったら嬉しいです。

後ほど具体例として紹介するのですが、僕も実際にこの方法を使って1ヶ月でTOEICスコアを510点から840点に伸ばせたので、そこそこ信ぴょう性はあるかと思います。

1. 遅延評価勉強法ってなに?

下記の記事がとてもわかりやすくまとめているので引用させていただきます。

遅延評価勉強法とは、僕が知る限りでは、id:amachangさんのブログで作られた造語です。元はプログラム用語の「遅延評価」から来ています。
<・・・中略・・・>
「遅延評価」という言葉を調べてみると、「ある式遅延評価勉強法とは、「その知識が必要になった時に初めて勉強する方法」です。もっと言えば、「○○を学んだから××をやってみる」ではなく、「××をやりたいから○○を勉強する」と定義できます。

ハッカーと遅延評価勉強法

これは僕が今までにデザインや英語の勉強、今勉強中のプログラミングやブログの勉強で意識していたことをまさに言い得て妙な記事でした。

ポイントは「○○を学んだから××をやってみる」ではなく、「××をやりたいから○○を勉強する」の部分ですね。

目的を達成するための最短ルートをかけ登っていくようなイメージだと思います。

2. 遅延評価勉強法で成長速度がアップするのはなぜ?

遅延評価勉強法で成長速度がアップする理由は「目的を達成するために必要なことだけを勉強するから」です。

「必要なことだけを勉強する」「最短ルートをかけ登っていく」ので時間と労力の無駄がありません。

例えば「アメリカ旅行に行きたいから英会話を勉強したい」AさんとBさんがいたとします。

どちらが早くアメリカ旅行に行けそうでしょうか?

Aさん:
英会話の参考書を最初のページから1ページずつめくって1冊勉強してから、英会話教室に通って、自信がついてからアメリカに行く
Bさん:
とりあえずアメリカに行ってみて、Google翻訳使いながら必要に応じて英会話してみる 

Bさんの方が早くアメリカ旅行に行けるのは一目瞭然ですよね。

Bさんのアプローチはまさしく「遅延評価勉強法」です。

Aさんはもしかしたら1年後も英会話教室から抜け出せずにアメリカ旅行に行けていないかもしれません。

2年後ようやくアメリカ旅行に行ってみたら最初にやった参考書の例文はほとんど役に立たなかった。

じつは英会話教室の先生の発音とスピードが優しすぎて、現地の人との英会話では全然聞き取れなかった。

なんてしょっぱい経験もありえます。

(実際、僕も一人で初めてアメリカに行ったとき、ベーグル屋の店員さんの英語が全く聞き取れなくて、全部イエスって返して注文したら爆盛りベーグルが出てきた悲しい経験があります、、、)

そのころ、Bさんは2回目のアメリカ旅行に行っていて、英会話でレストランでの注文や道の聴き方なんかもできているかもしれないですね。

ちょっぴり極端な例でしたが、「遅延評価勉強法の成長速度がアップする」感覚をなんとなく感じていただけたかと思います。

3. 遅延評価勉強法ってどうやるの?

それでは、具体的に僕が意識している遅延評価勉強法のやり方を紹介していきます。

ポイントは下記の4ステップです。

1. 目的(理想の姿)を設定する
2. 現状を把握する
3. 理想と現状のギャップを埋めるために必要な行動を考える
4. ひたすら試行錯誤する 

実際に僕が今までに経験した勉強の具体例をつかって詳しく説明してみます。

【具体例1】1ヶ月でTOEICスコアを510点から840点に伸ばした

いけあつのTOEICスコア
1. 目的(理想の姿)の設定:
TOEICで700点以上とる (会社からTOEIC700点以上取りなさいって言われた) 
2. 現状を把握:
今のTOEICスコアは510点 
3. 理想と現状のギャップを埋めるために必要な行動
・190点分アップできる改善点を見つける
・改善点を克服するための方法を考えて実行する
4. 実際にやった試行錯誤: 
どの部分で190点分アップできるだろう?

-> 現在のスコアをしみじみ見てみる

-> 当時 リスニング320点 リーディング190点 合計510点 でした

-> リーディング問題で約300点分の伸び代があるぞ?

-> なんで190点しか取れてないんだろう?

-> そういえば、いつも時間切れで最後の方のリーディング問題をほとんど解けていない気がする

-> 読解のスピードも遅いけど、集中力が最後までもたないんだよなあ

-> そもそもTOEICの試験を最後までやりきる集中力と解くスピード感覚がわかっていないのかも

-> TOEICの過去問を使って本番同様の模試を毎日1回、時間きっちり計ってやってみよう

-> TOEICの公式過去問題集一冊だけを毎日1回、本番同様のやり方で1ヶ月やってみよう

-> なかなかリーディングの得点が伸びない、読むスピードが上がらないな

-> 語彙力が足りてないのかも。最低限、問題集に出てくる単語はわかるようにしよう!

-> 問題集に出てくる分からない単語を暗記クイズアプリに片っ端から登録

-> 通勤中とかスキマ時間にひたすら単語クイズで勉強

-> 問題集10周目超えたあたりから時間内で全部解けて、リーディング満点取れるようになってきたぞ!

-> リスニングももっと伸ばせるんじゃないかな?

-> いつも聞き取れないところは同じ場所な気がするぞ

-> 通勤中とかスキマ時間にひたすらリスニングパートを聴いて復習

-> 問題集20周目超えたあたりから満点取れるようになてきた!

-> TOEIC本番受験

-> 時間内に最後の問題までちゃんと考えて解けた!予想以上の得点アップ!840点獲得!

【具体例2】プログラミング初心者が正味1週間でツイッター認証を使ったログイン機能をつくった

(この動画は現在開発中の自作webサービスの試作品です。近々、サービスローンチ予定なのでぜひ使ってみてください!)

1. 目的(理想の姿)の設定:
ツイッター認証を使ったログイン機能をつくりたい 
2. 現状を把握:
今はまだ何も作れていない 
3. 理想と現状のギャップを埋めるために必要な行動
・必要な情報を調べる 
・必要な機能を作る
4. 実際にやった試行錯誤: 
とりあえず「Ruby Twitter 認証」でググってみた

-> どうやらomni-auth-twitterというgemを使えばできるらしい

-> 記事をいくつか見ながら作り始めてみた

-> omni-auth-twitterを使うにはTwitter API keyとTwitter API secretが必要らしい

-> ググってみたらTwitter Developerサイトでアカウントを作れば上記が手に入ることがわかった

-> Twitter Developerアカウントを作ってTwitter API keyとTwitter API secretを手に入れた

-> そういえばAPI key」は絶対第三者にバレちゃダメって聞いたな、、、どうやってコードに書くんだろう

-> 「git pushしない 情報」でググってみる

-> 環境変数って仕組みを使えばいいらしい

-> 記事をいくつか見ながら試してみる

-> エラーが起きるなあ、、、「omni-auth-twitter エラー」でググる

-> Twitter Developerサイトの設定を自分の環境に合わせて行う必要があることがわかった

-> できた!git hubにコードを公開しよう!

-> git hubにコードを公開したら「セキュリティに問題があります!」って警告された、、、

-> 「omni-auth-twitter 脆弱性」でググる

-> セキュリティを改善する方法の記事がいくつか見つかる

-> 記事を読みながらプログラムを改善

-> もう一回、git hubにコードを公開。問題なし。完成! 

(ツイッター認証を使ったログイン機能の作り方については、こちらの記事でまとめているので興味のある方は合わせてご覧ください)

4. 遅延評価勉強法で爆速成長しよう!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

目的を達成するために必要なことだけを勉強する「遅延評価勉強法」について紹介しました。

2つの具体例で紹介したように「遅延評価勉強法」を意識すると、1週間から1ヶ月という短い期間でもぐんぐん成長することができると思います。

https://twitter.com/ikat_de/status/1161431385287958531
この2ヶ月間で成長したこと

 ・Ruby on Rails で Twitter や Instagram の簡易版SNSクローンアプリを作れるようになった 
・Ruby で paiza B ランクの問題を解けるようになった 
・Wordpress でブログを開設して3,000字くらいの記事を書けるようになった
 
#今日の積み上げ の繰り返しが大切ですね

もちろん毎日コツコツと継続して努力することは大切なのですが、その努力の仕方、向いている方向を自分の理想にしっかりと合わせることが重要なんですね。

自分の夢や理想の姿に向かって、遅延評価勉強法で爆速成長していきましょう!

ではまた。